データを管理するときには様々な点に注意することが大切です

外付けを利用する

増設用のハードディスク利用方法

外付けhddの利用方法はさまざまです。最近の特筆すべきはテレビの録画用ブルーレイ機器に外付けhddが接続することができるようになったことです。ただし、機器により接続できるものとできないものがあるので注意が必要となります。テレビの特にBSでは大容量の記憶容量が必要となるため1Tbや2TB,3TBといった大容量の外付けhddが利用されるようになってきているのです。テレビの録画とは別にパソコンに接続する外付けhddも画像とくに動画の記録用として大容量のものが必要となってきています。テレビの録画用と同じように1TBや2TB、3TBといった大容量の外付けhddが利用されるようになってきているのです。外付けhdd製造メーカーも大容量のもののラインナップが充実してきているのです。

増設用ハードディスクの種類と価格

外付けhddといってもさまざまなものがあるといえます。ファンを内蔵したものやファンを新たに追加できるものもあります。騒音を抑えるためにファンをなくした自然空冷タイプのものもあるのです。このようなものは外ケースにアルミなどの金属を利用し、放熱に工夫をくわえているものもあるのです。また外付けhddをおくスペースを考慮し、たておきや横置き両方可能というものもあるのです。テレビ録画という新しいマーケットも加わり、外付けhddの生産数は増加してきています。同時に記憶容量は増大してきています。記憶容量が大きくなってきているものの相対的に価格は割安になってきています。1TBのものは1万円をきるものもでてきています。3TBのものでも1万2千円ていどのものもでてきています。