データを管理するときには様々な点に注意することが大切です

様々なサービス

名刺管理におけるクラウド利用の費用

名刺管理の電子化が普及する今日においては、様々な形でそれを支援するサービスが展開されるようになってきました。名刺管理を行うための住所録のような機能をもつソフトウェアの開発から始まり、名刺をスキャンして電子データ化するサービスなど多方面からのサービス提供が広まってきています。 近年ではクラウドを用いたサービス展開があらゆる業界において広まってきています。その波及効果を受けて名刺管理についてもクラウドサービスが展開されるようになってきました。月額1万円程度で利用できるのが典型的なサービスとなっており、ユーザー数やストレージの大きさ、スキャンサービスの利用方法などによって料金は変動するものの、概して安価に導入ができるようになっています。

全体的な価格の低下傾向とオプションサービスの多様化

名刺管理に関わるサービスの提供業者がクラウドサービスを中心にして増えてきています。その影響を受けて、サービスの多様化と価格の低下が進む傾向にあります。 特に大きな焦点となっているのが名刺の電子データ化のあり方です。機械による自動データ化を行うことがもっともコストが低くなる方法ではあるものの、現代の技術をもってしてもその正確さの面で完全であるとはいえない状況にあります。そのため、最も信頼性のある方法は人による入力作業であり、その人件費が名刺管理を行うクラウドサービスの料金を引き上げる大きな要因となっています。 一方で、人の手によるデータ入力についてはオプションサービスとするクラウドサービスもあり、そういった場合には基本料金が安い傾向があります。クラウドサービスの何を重視するかと料金の比較で選べる選択肢が多数あるのです。