インプラントについて、簡単に説明すれば歯を抜いたもしくは抜け落ちた後で、代用となるブリッジや入れ歯との違いはというと、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので違和感は非常に少なく、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、それと裏腹のデメリットもあります。

まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。

難しいケースでは数十万円かかることも珍しくありません。

加えて、治療が失敗してかなり深刻な問題が起こることもあるという重大な問題もあります。

まれな症例として、治療によっり死亡したケースあったそうです。

新たな歯科治療の方法として注目をあびているのがインプラントです。

ですが、一つ挙げられるのは、インプラント治療を受けるには様々な条件がある抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、アゴの骨が極端に弱っている方、骨の量が減ってしまっている方なども、インプラントの利用が不可能と診断されるかもしれません。

非常に残念ではありますが、別の方法を考えましょう。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その義歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。

これは文字通り陶器でできた人工歯であり、見た目と機能に優れたセラミックの歯を作る段階で、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを必要とする、高レベルな作業なのです。

それだけ手間をかけた、セラミックの歯を使用するため歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。

保険がきかない理由ははっきりしています。

インプラントを入れる治療というものは保険が適用されるブリッジ、入れ歯などよりコストがかかり、設備や技術も要するからです。

手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせの調整などに時間がかかりそれではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

自分の歯の代わりをしてくれるインプラントは噛んだときに安定しており、歯にくっつく心配もしないでガムも楽しめるのも、自分の歯に繋がっているとはいえ人工歯をかぶせたものではなく、いつ歯が取れるかもしれないと心配する必要はありません。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいにしっかりした構造になっています。

できるだけ避けていたキシリトールガムを噛むこともできます。

インプラントはどのくらい強さが保てるのでしょう、まだ定説になっていませんが、定期的なメンテナンスを怠らなければ自分の歯と同じくらい保たせることが可能というのが一般的な説です。

要は、メンテナンスがしっかりされていれば長い期間の維持もできますが、毎日にケアがいく届かなければ。